Home > どうでもいいこと > 営業

営業

どうもお疲れ様です。


最近、めちゃめちゃ忙しいです。
今月と来月は結構な売り上げを出しているのですが、ここまで忙しいのは僕の中でも歴代ナンバーワンになるくらいの忙しさかも知れません。
仕事が間に合わないくらいの勢いです。


しかし、こういう不景気にこうまで仕事が出来ることに感謝です。

ぼくの会社は技術を売る会社です。
代理店のような営業会社ではありません。


取引先に卸をしているような企業さんが多数あったりするのですが、そういう企業さんに限って営業が弱いような気がしています。
そういう企業の営業が強くないと、今までのバランスが崩れてしまうように思います。
そうでもないのかな、、分からないですが、兎角、営業が弱くて今にもつぶれてしまいそうな会社が多いように思います。


取引をするにあたってその企業さんの状況などを聞くことがあります。
あまりに状況が酷い場合、(ぼくたちが)黙って与えられた役割だけをこなしているだけでは売り上げ改善が見込めない取引先があったりします。
そういう時に営業の重要性を説いてあげたくて、売上に直結する話をするのですが、やはりなかなか理解できないような感じです。

そもそも、不景気だから、、、というだけのことで売り上げが上がらないわけがありません。
勿論、商品スペックの古いような商材の販売だと難しいかも知れませんが。
それらは恐らく、営業力と経営者の判断が悪いから売り上げが上がらないのだと、ぼくは常々思っています。

別に取引先さんがつぶれようがぼくには関係のないことなので、まぁイイと言えばイイのですが、、無情に見捨てるようなことをする前に、出来る限りの改善努力はすべきだと思ってしまいます。


情報はカネなり、
時はカネなり、
情に絆されてはいけない、

などなど、昔から名言めいたことがあるのですが、これ、今の時代に当てはまるとは到底思いにくいです。
ぼくの周りでは、こういうことを言っている人ほどしんどそうです。
勿論、色々な見極めが必要なので一概には言えないですが、日頃の信頼関係やマネタイズの見極めさえしっかりしていれば、まぁ大きな問題にはならないと思われることが多いです。

そんなことを思う今日この頃です。


最近、仕事や社会的な仕組みに対する取り組みなどについて辛口発言が多いかも知れませんがご了承くださいね。

とゆうのも、雇われてる間、上司や社長にぼくの仕事が認められたことがなかったように思います。
何かにつけて、「日本語がおかしい。」やら「その考え方はだめ。」みたいなことを言われた気がします。
それは日常でも同じくかも知れません。w

とゆうことで、ぼくが自ら結果を残すことで自分の正統性を主張出来ると思うのです。
そのために、良くも悪くも、こういうメモを残しておこうかと思っている次第です。
考え方はいつ変わるか分かりませんしね、兎角、そう思うので、これからもこういう記事が増えるような気がします。

ご了承ください。


では。

関連エントリー

Comments:0

コメントフォーム

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.m-ch.jp/mt/mt-tb.cgi/61
Listed below are links to weblogs that reference
営業 from はやとのブログ

Home > どうでもいいこと > 営業

サイト内検索
月別投稿リスト
リンク
Feeds

Return to page top